大阪重粒子線センター Osaka Heavy Ion Therapy Center

お知らせinformation

一覧へ

お知らせinformation

ごあいさつ|message

公益財団法人 大阪国際がん治療財団 理事長 髙杉豊

公益財団法人
大阪国際がん治療財団

理事長 髙杉 豊

最先端のがん治療施設である大阪重粒子線センター(仮称)は、平成30年3月に医療施設としての認可、重粒子線治療開始というスケジュールで整備が進んでおり、大阪城を望む大手前の地区に間もなく誕生します。

本事業は、平成22年3月の成人病センター整備基本構想に端を発し、平成23年9月、大阪府議会から「成人病センター建て替えを契機とした粒子線治療装置などの最先端医療技術導入構想」の提案を受け、府立病院機構の事業として本格的な検討が開始され、今日に至っております。

国民の二人に一人ががんを発症し、三人に一人ががんで亡くなるという時代となりましたが、一方で、治療技術の進歩により、がん全般の5年生存率は約70%にまで向上してきました。重粒子線によるがん治療施設は、国内でまだ5施設しかありませんが、この成果にすでに貢献しており、今後ますますその期待が大きくなっています。

大阪重粒子線センターが完成しますと、大手前地区には新築移転したばかりの大阪国際がんセンターと国家公務員共済組合連合会大手前病院が近接し、3施設の連携による機能強化も計画されており、がん診療の一大拠点が形成されます。

大阪重粒子線センターががん治療の一翼を担うことで、大阪府民の皆さん、さらには世界中のがんの患者さんに大きな福音となることを願って止みません。

※放射線医学総合研究所(千葉市)、群馬大学医学部附属病院、神奈川県立がんセンター、兵庫県立粒子線医療センター、
九州国際重粒子線がん治療センター(鳥栖市)の5か所が稼働している。

公益財団法人 大阪国際がん治療財団 センター長 溝江純悦

公益財団法人
大阪国際がん治療財団

センター長 溝江 純悦

がん治療に使用される放射線は、今日、多くの種類があり、それぞれの特徴を生かしたがん放射線治療が行われています。2018年に臨床治療開始予定の大阪重粒子線センターでは、重粒子線の一つ、炭素イオン線を使用してがん治療を行います。炭素イオン線の特徴は粒子が重いことで、X線や陽子線などに比べ体内の線量分布に優れ、特に、重要な正常組織を傷つけること無くがん治療が可能です。また、粒子が重いことで生物効果にも優れ、X線や陽子線では難治とされる腫瘍にも効果を発揮します。

このような切れ味の鋭い放射線治療を行うに当たっては、正確な癌診断、経験を生かした癌浸潤範囲の把握、そして、最適な治療回数の設定が不可欠です。大阪重粒子線センターでは、多列CT装置3台・MRI機器を導入し、最新の治療計画装置を駆使し、そして、早期末梢肺癌の1回照射や末梢型肝癌の2回照射などの少分割(寡分割)治療を予定しています。

炭素イオン線の特長を生かした治療は、高率な癌制御をもたらし、同時に副作用の少ない結果が期待できます。つまり、仕事をしながら外来通院での治療が可能であり、一回照射を含め治療終了の翌日から、それまでの生活が可能です。

重粒子線がん治療施設は、大阪近辺では播磨のみでありましたが、今回大阪に設置される重粒子線治療装置は、ほぼ全ての部位の癌を治療できる装置で、過去20年以上に渡る治療経験を元に、最良の治療を皆様に提供できると信じております。

重粒子線治療とは|about heavy ion therapy

重粒子線がん治療の優位性

  • 切らずに、痛みもなく、高齢者にもやさしい治療です。※照射そのもので痛みや熱さを感じることはありません。(公益財団法人医用原子力技術研究振興財団「体にやさしい粒子線がん治療」より)
  • がんの部分で大きなエネルギーを放出することができるため、正常組織への副作用が少なくなります。切除できない部位のがんの治療ができる可能性があります。
  • 難治性のがんにも効果が期待されます。従来の放射線では治療が難しいケースのものにも適用できる可能性があり、優れた治療効果が期待できます。
  • 重粒子線は従来の放射線治療に比べて、治療回数・日数が少なくすみます。
    仕事や日常生活を続けながら外来での治療も可能です。

重粒子線治療の特長

重粒子線治療の特長

従来のエックス線、ガンマ線は質量がゼロですが、粒子線(陽子線、重粒子線等)には質量があります。重粒子線はその質量が陽子線の12倍と重いため、エックス線や陽子線に比べて生物学的効果(がんを殺す効果)が2倍から3倍高いと言われています。

重粒子線治療の特長

従来から用いられているエックス線の場合、体の表面近くでその効果が最も大きく、体の中を進むに伴って効果は次第に弱まっていきます。一方、重粒子線は、体のある一定の深さでエネルギーのピークを迎え、その前後では弱く抑えられる特性があります。このピークになる深さをがん病巣の位置に合わせることで、がんだけを集中的に狙いうちすることができ、体の深いところにあるがんにも大きな治療効果が期待できます。

治療できるがん

治療できるがん

重粒子線がん治療は、限局性の固形のがん治療に適しています。
また、がんの近くにある正常な重要臓器への照射を避けることのできる治療法です。

※詳しくは医療機関にご確認ください。

治療費について

  • 切除不可能な骨軟部腫瘍は2016年4月に公的医療保険が適用されました。
  • 先進医療の場合は、一般保険診療と共通する部分(診察・検査・投薬等)の費用は公的医療保険が適用されますが、重粒子線治療の技術料は全額が患者さまの自己負担となります。

治療費について

  • 自費治療の場合は、公的医療保険の併用はできません。全額患者さま負担になります。

※高額な費用負担に備えるため、民間保険に先進医療特約や一時給付金などがあります。詳しくは、各保険会社へお問い合わせください。

大阪重粒子線センターについて|about Osaka Heavy Ion Therapy Center

大阪から日本全国、
そして世界へ

2018年に大阪の都心部で最先端の重粒子線がん治療がスタートします※2017年5月現在

大阪から日本全国、そして世界へ

大阪重粒子線センターの特長

  • 大阪初の重粒子線がん治療施設で、全ての治療室で最新の
    スキャニング照射注)による治療を行います。
  • 動体追跡同期システムを採用し、呼吸の動きによる照射領域のずれを防いだ正確な治療が出来ます。
  • 隣接する大阪国際がんセンターと連携し、
    総合的ながん治療が可能です。
  • 大阪の中心に位置しており、通院治療に適しています。
    そのため、働きながら治療も可能です。

注)スキャニング照射はピンポイントにがん病巣を狙い撃ちができるため、不要な照射による副作用を抑えることができる照射技術です。

大阪重粒子線センターの特長

注)スキャニング照射はピンポイントにがん病巣を狙い撃ちができるため、不要な照射による副作用を抑えることができる照射技術です。

大阪重粒子線センターの特長

建築・設備概要

  • ユニバーサルデザインを採用し、患者さまや来院されるみなさまに配慮した施設計画としました。
  • 建物設備及び重粒子線装置は地球環境に配慮して、自然にやさしい省エネ設計を採用しました。
  • 年間で治療室1室あたり最大600人、3室で合計1,800人の治療が可能です。

注)入院施設はございません。入院が必要な場合は提携病院にて対応致します。

建築概要

住         所
大阪市中央区大手前3丁目
敷         地
定期借地(地方独立行政法人大阪府立病院機構所有)
敷 地 面 積
5,398m²
建 築 面 積
3,430m²
延べ床面積
8,849m²
高         さ
鉄骨造3F建て21.6m
治   療   室
3室(6ポート)

医療機器

重粒子線治療装置、CT、MRIなど

スケジュール

2015年8月
着工
2017年秋
竣工
2018年
治療開始予定

運営方針

スタッフ一同おもてなしの心をもって、患者さま中心の医療を目指します。
また、安心・安全のもと、質の高い医療を提供します。

注)本事業は大阪府立病院機構が進める重粒子線がん治療施設整備運営事業です。

交通案内|access

大都市ならではの交通アクセス。最寄駅…大阪市営地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目」駅、徒歩5分

  • 新大阪から大阪市営地下鉄御堂筋線「新大阪」駅乗車(約25分)
  • 大阪駅から大阪市営地下鉄谷町線「東梅田」駅乗車(約10分)
  • その他、伊丹空港から約50分、関西国際空港から約70分
    (公共交通機関を利用した場合)

大阪重粒子線センター 交通アクセス

お問い合わせ|contact us

公益財団法人大阪国際がん治療財団

〒565-0854 大阪府吹田市桃山台5丁目19番2号tel.06-6369-3210

大阪重粒子線施設管理株式会社

〒565-0853 大阪府吹田市春日3丁目20番8号tel.06-6369-0094

メール

お問い合わせ

PCサイトを見る
スマホサイトへ戻る

pagetop