大阪重粒子線センター Osaka Heavy Ion Therapy Center

個人情報保護方針|privacy policy

公益財団法人大阪国際がん治療財団(以下「当財団」といいます)は、「重粒子線によるがん治療を通じて、安心、安全な医療を提供し、大阪府内はもとより、国内外における医療・福祉の向上とがん治療の進歩・発展を図り、「がん撲滅」に寄与すること」を基本理念としております。患者・利用者様(以下、「患者様等」と略します)の状態に応じて良質な医療サービスを提供させて頂く為には、患者様等の個人情報が必要となります。更に、患者様等に安心して医療サービスを受けて頂く為には、患者様等に関する個人情報を安全かつ適切に管理することが当財団の社会的責務と考え、本方針を制定し確実に実行いたします。

1.個人情報の適正な取得

個人情報の取得にあたっては、当財団の事業活動に必要な場合に限り、適法かつ公正な手段によって行い、原則として利用目的を明示し、通知・公表します。

2.個人情報の利用・管理

個人情報の利用については、法令に定める場合を除き、あらかじめ特定した利用目的の範囲内で行います。個人情報の管理については、利用目的に必要な範囲内で、正確かつ最新の内容に保つよう努めます。また、職員に対する適切な教育・監督を行い、個人情報の漏えい、紛失、破壊、改ざん、又は不正な侵入等の防止に努めます。

3.第三者への提供

個人情報は、法令又は公的機関からの要請等で必要と認めた場合を除き、患者様等の同意を得ない限り、第三者への提供は行いません。また、個人情報の取扱いを他の事業者に委託する場合は、安全管理のために委託先に対する適正な管理・監督を行います。

4.患者様等からの求めによる保有個人情報の開示・訂正・利用停止

保有する個人情報について、該当する患者様等から、開示・訂正・利用停止などの申出があった場合には、特別な理由がない限り、開示・訂正・利用停止を行います。
個人情報の取扱いに関する苦情や問合せについては窓口を設置し、迅速・適切に対応します。

5.個人情報保護規程の作成と監査の実施

この方針を実行するため、個人情報保護規程並びにその他の取扱規程を作成し、これを役職員その他関係者に周知徹底します。また、定期的に監査を行い、業務内容の継続的な見直し、改善に努めます。

[平成29年4月1日制定]

PCサイトを見る
スマホサイトへ戻る

pagetop