大阪重粒子線センター Osaka Heavy Ion Therapy Center

お知らせ

Please note that the following translation is a machine translation (Google translate).

The news pages are translated using machine translation (google translate), and so therefore may not be completely accurate.
Please take this into consideration when reading.
There may also be parts that cannot be translated by machine translation such as images, pdfs etc.

Please select your preferred language for google translated from the toolbar above.Google Translate

使用Google翻译(自动翻译系统)时请注意

通知页可通过Google翻译(自动翻译系统)将日文网页翻译成目的语。
但是Google翻译(自动翻译系统)有时不能准确地提供翻译结果,阅览时请十分留意。特别是专用名词,往往不能正确译出。
此外有些内容(图像文字,PDF文件等为非翻译对象)不能进行翻译,此点也请注意。

Google翻译请从通知页上部Google Translate选择所需语言。

重粒子線がん治療部位別治療検討ワーキングキックオフの会を開催しました。

2017.12.02 | ニュース

2017年12月2日(土)、重粒子線がん治療部位別治療検討ワーキングキックオフの会を開催しました。

大阪重粒子線センター(仮称)の施設見学後、放射線医学総合研究所 臨床研究クラスタ長兼病院長の鎌田正先生をお招きして、講演「重粒子線治療の現状」を行っていただいた後、重粒子線がん治療部位別治療検討ワーキングのメンバーで情報交換会を行いました。

 

重粒子线癌症治疗分部位研讨工作会启动会召开

 

2017年12月2日(周六),重粒子线癌症治疗分部位研讨工作会启动会在大阪重粒子线中心召开。
重粒子线癌症治疗分部位研讨工作会的成员们首先参观了大阪重粒子线中心(暂定名),然后听取了放射线医学综合研究所临床研究组组长兼医院院长镰田正先生所做的“重粒子线治疗的现状”的演讲,并进行了信息沟通和交流。