大阪重粒子線センター Osaka Heavy Ion Therapy Center

お知らせ

Please note that the following translation is a machine translation (Google translate).

The news pages are translated using machine translation (google translate), and so therefore may not be completely accurate.
Please take this into consideration when reading.
There may also be parts that cannot be translated by machine translation such as images, pdfs etc.

Please select your preferred language for google translated from the toolbar above.Google Translate

使用Google翻译(自动翻译系统)时请注意

通知页可通过Google翻译(自动翻译系统)将日文网页翻译成目的语。
但是Google翻译(自动翻译系统)有时不能准确地提供翻译结果,阅览时请十分留意。特别是专用名词,往往不能正确译出。
此外有些内容(图像文字,PDF文件等为非翻译对象)不能进行翻译,此点也请注意。

Google翻译请从通知页上部Google Translate选择所需语言。

重粒子線がん治療部位別治療検討ワーキングを行っています。

2018.06.11 | ニュース

大阪国際がんセンター、大阪医科大学、大阪市立大学、大阪大学、関西医科大学、近畿大学(順不同)の班員の先生方にお集まりいただき、本年秋の重粒子線治療開始に向けて、プロトコールの検討等、重粒子線がん治療部位別治療検討ワーキングにて行って頂いております。

 

平成30年2月7日 (水)泌尿器グループ第1回委員会
平成30年5月17日(木)肝胆膵グループ第1回委員会
平成30年5月24日(木)直腸グループ第1回委員会
平成30年5月29日(火)食道グループ第1回委員会
平成30年6月7日 (木)頭頸部グループ第1回委員会

 

重粒子线癌症治疗分部位治疗研讨工作会在我中心召开

 

我中心近期召开了多次重粒子线癌症治疗分部位治疗研讨工作会,大阪国际癌症中心、大阪医科大学、大阪市立大学、大阪大学、关西医科大学、近畿大学(排序不分先后)的各位相关医生汇聚于我中心,面向即将于今年秋季开始的我中心的重粒子线治疗、针对治疗方案等进行了研究讨论。