大阪重粒子線センター Osaka Heavy Ion Therapy Center

お知らせ

市民公開講座を開催致しました。

2018.09.16 | ニュース

去る9月16日(日)、大阪市中央公会堂(大阪市北区中之島1-1-27)にて、市民公開講座「切らずに治った、がん重粒子線治療-最先端治療の現場から-」を開催致しました。当日は約750名と大勢の皆様にお越しいただきました。

 

プログラムは、放射線医学総合研究所病院長の鎌田正先生の基調講演、国立大学法人東京医科歯科大学血液内科の医師であり、かつ重粒子線治療体験者である坂下千瑞子先生による治療体験談、大阪国際がんセンター副院長の東山聖彦先生のがん専門医の立場からの講演、落語家の月亭八方様のトークショー、質疑応答で構成され、約2時間30分と長時間にも関わらず、参加者の皆様は熱心に聞きいっていらっしゃいました。

 

参加者の皆様からは「重粒子線治療の体験談が聞けて、ためになりました。」等のご感想を頂きました。