大阪重粒子線センター Osaka Heavy Ion Therapy Center

お知らせ

Please note that the following translation is a machine translation (Google translate).

The news pages are translated using machine translation (google translate), and so therefore may not be completely accurate.
Please take this into consideration when reading.
There may also be parts that cannot be translated by machine translation such as images, pdfs etc.

Please select your preferred language for google translated from the toolbar above.Google Translate

使用Google翻译(自动翻译系统)时请注意

通知页可通过Google翻译(自动翻译系统)将日文网页翻译成目的语。
但是Google翻译(自动翻译系统)有时不能准确地提供翻译结果,阅览时请十分留意。特别是专用名词,往往不能正确译出。
此外有些内容(图像文字,PDF文件等为非翻译对象)不能进行翻译,此点也请注意。

Google翻译请从通知页上部Google Translate选择所需语言。

市民公開講座を開催致しました。

2018.09.16 | ニュース

去る9月16日(日)、大阪市中央公会堂(大阪市北区中之島1-1-27)にて、市民公開講座「切らずに治った、がん重粒子線治療-最先端治療の現場から-」を開催致しました。当日は約750名と大勢の皆様にお越しいただきました。

 

プログラムは、放射線医学総合研究所病院長の鎌田正先生の基調講演、国立大学法人東京医科歯科大学血液内科の医師であり、かつ重粒子線治療体験者である坂下千瑞子先生による治療体験談、大阪国際がんセンター副院長の東山聖彦先生のがん専門医の立場からの講演、落語家の月亭八方様のトークショー、質疑応答で構成され、約2時間30分と長時間にも関わらず、参加者の皆様は熱心に聞きいっていらっしゃいました。

 

参加者の皆様からは「重粒子線治療の体験談が聞けて、ためになりました。」等のご感想を頂きました。

 

市民公开讲座成功举办

 

9月16日(周日),我中心在大阪市中央公会堂(大阪市北区中之岛1-1-27)举办了“无需开刀的重粒子线癌症治疗——最先进的治疗前沿”市民公开讲座,约750人到场听会。

 

讲座内容包括:放射线医学综合研究所医院院长镰田正先生的基调演讲、国立大学法人东京医科齿科大学血液内科医生兼重粒子线治疗体验者坂下千瑞子女士的治疗经验谈、大阪国际癌症中心副院长东山圣彦先生从癌症专业医生的角度做的演讲、落语家月亭八方先生的演出、问答环节等。尽管会议长达两个半小时,与会人员始终保持高度的参与热情。

 

有参会者表示“能够听到重粒子线治疗的经验谈,真的是很大的收获”。