大阪重粒子線センター Osaka Heavy Ion Therapy Center

お知らせ

Please note that the following translation is a machine translation (Google translate).

The news pages are translated using machine translation (google translate), and so therefore may not be completely accurate.
Please take this into consideration when reading.
There may also be parts that cannot be translated by machine translation such as images, pdfs etc.

Please select your preferred language for google translated from the toolbar above.Google Translate

使用Google翻译(自动翻译系统)时请注意

通知页可通过Google翻译(自动翻译系统)将日文网页翻译成目的语。
但是Google翻译(自动翻译系统)有时不能准确地提供翻译结果,阅览时请十分留意。特别是专用名词,往往不能正确译出。
此外有些内容(图像文字,PDF文件等为非翻译对象)不能进行翻译,此点也请注意。

Google翻译请从通知页上部Google Translate选择所需语言。

第15回日本粒子線治療臨床研究会が開催されました。

2018.10.07 | ニュース

10月7日(日)、大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)にて、第15回日本粒子線治療臨床研究会が開催され、今回の研究会の会長を当センター長の溝江純悦が務めさせていただきました。

 

第15回の研究会のテーマ「粒の未来」には、粒子線治療の未来を輝かせるという意味が込められています。粒子線治療を促進する全ての機関と連携し、我が国のみならず世界で広く粒子線治療を享受できる環境づくりに貢献するべく、今回の研究会が粒子線治療の新たな展開への契機になることを期待して、日本全国からたくさんの粒子線治療に関わる医療機関の皆様にご参加いただきました。

 

第15次日本粒子线治疗临床研讨会成功召开

 

10月7日(周日),第15次日本粒子线治疗临床研讨会在大阪府立男女共同参与/青少年中心(Dawn Center)成功召开,我中心沟江纯悦院长担任了此次研讨会的会长。

 

第15次研讨会的主题是“粒子的未来”,意为粒子线治疗的未来会更加辉煌。日本全国各地众多粒子线治疗相关医疗机构的专家学者出席了此次研讨会,与会人员认为,需要促进所有粒子线治疗相关机构的相互合作,使得粒子线治疗不仅仅是停留在日本国内、而是让全世界的人都能享受到粒子线治疗,并期待本次研讨会能够成为促进粒子线治疗进一步发展的新的契机。