大阪重粒子線センター Osaka Heavy Ion Therapy Center

ごあいさつ|message

公益財団法人 大阪国際がん治療財団 理事長 髙杉豊

公益財団法人
大阪国際がん治療財団

理事長 
髙杉 豊

最先端のがん治療施設である大阪重粒子線センター(仮称)は、平成30年3月に医療施設としての認可、重粒子線治療開始というスケジュールで整備が進んでおり、大阪城を望む大手前の地区に間もなく誕生します。

本事業は、平成22年3月の成人病センター整備基本構想に端を発し、平成23年9月、大阪府議会から「成人病センター建て替えを契機とした粒子線治療装置などの最先端医療技術導入構想」の提案を受け、府立病院機構の事業として本格的な検討が開始され、今日に至っております。

国民の二人に一人ががんを発症し、三人に一人ががんで亡くなるという時代となりましたが、一方で、治療技術の進歩により、がん全般の5年生存率は約70%にまで向上してきました。重粒子線によるがん治療施設は、国内でまだ5施設しかありませんが、この成果にすでに貢献しており、今後ますますその期待が大きくなっています。

大阪重粒子線センターが完成しますと、大手前地区には新築移転したばかりの大阪国際がんセンターと国家公務員共済組合連合会大手前病院が近接し、3施設の連携による機能強化も計画されており、がん診療の一大拠点が形成されます。

大阪重粒子線センターががん治療の一翼を担うことで、大阪府民の皆さん、さらには世界中のがんの患者さんに大きな福音となることを願って止みません。

※放射線医学総合研究所(千葉市)、群馬大学医学部附属病院、神奈川県立がんセンター、兵庫県立粒子線医療センター、
九州国際重粒子線がん治療センター(鳥栖市)の5か所が稼働している。

公益財団法人 大阪国際がん治療財団 センター長 溝江純悦

公益財団法人
大阪国際がん治療財団

センター長 
溝江 純悦

がん治療に使用される放射線は、今日、多くの種類があり、それぞれの特徴を生かしたがん放射線治療が行われています。2018年に臨床治療開始予定の大阪重粒子線センターでは、重粒子線の一つ、炭素イオン線を使用してがん治療を行います。炭素イオン線の特徴は粒子が重いことで、X線や陽子線などに比べ体内の線量分布に優れ、特に、重要な正常組織を傷つけること無くがん治療が可能です。また、粒子が重いことで生物効果にも優れ、X線や陽子線では難治とされる腫瘍にも効果を発揮します。

このような切れ味の鋭い放射線治療を行うに当たっては、正確な癌診断、経験を生かした癌浸潤範囲の把握、そして、最適な治療回数の設定が不可欠です。大阪重粒子線センターでは、多列CT装置3台・MRI機器を導入し、最新の治療計画装置を駆使し、そして、早期末梢肺癌の1回照射や末梢型肝癌の2回照射などの少分割(寡分割)治療を予定しています。

炭素イオン線の特長を生かした治療は、高率な癌制御をもたらし、同時に副作用の少ない結果が期待できます。つまり、仕事をしながら外来通院での治療が可能であり、一回照射を含め治療終了の翌日から、それまでの生活が可能です。

重粒子線がん治療施設は、大阪近辺では播磨のみでありましたが、今回大阪に設置される重粒子線治療装置は、ほぼ全ての部位の癌を治療できる装置で、過去20年以上に渡る治療経験を元に、最良の治療を皆様に提供できると信じております。

pagetop