大阪重粒子線センター Osaka Heavy Ion Therapy Center

お知らせ

Please note that the following translation is a machine translation (Google translate).

The news pages are translated using machine translation (google translate), and so therefore may not be completely accurate.
Please take this into consideration when reading.
There may also be parts that cannot be translated by machine translation such as images, pdfs etc.

Please select your preferred language for google translated from the toolbar above.Google Translate

使用Google翻译(自动翻译系统)时请注意

通知页可通过Google翻译(自动翻译系统)将日文网页翻译成目的语。
但是Google翻译(自动翻译系统)有时不能准确地提供翻译结果,阅览时请十分留意。特别是专用名词,往往不能正确译出。
此外有些内容(图像文字,PDF文件等为非翻译对象)不能进行翻译,此点也请注意。

Google翻译请从通知页上部Google Translate选择所需语言。

当センターのCOVID-19感染対策について

2020.04.28 | 患者様へ

当センターでは、がん治療施設としての使命を果たすべく、職員一丸となり、ご来院される患者様に安心して診療(診察・治療)をお受けいただくために、下記の取り組みを行っております。

 

1. ご来院の皆様へのマスク着用のお願いと擦式アルコール手指消毒薬の設置
基本的に誰もが新型コロナウイルスを保有している可能性があることを考慮して、院内掲示にて全てのご来院の皆様にマスクの着用をお願いしております。
また、正面玄関及び裏口、治療ホール入口等にアルコール手指消毒薬を設置し、ご来院の皆様が手指衛生を行いやすい環境づくりに努めています。

 

 

2. 症状がある方の早期診断とその対応
患者様やお付き添いの方への問診を行い、感染リスク(海外渡航歴・滞在歴、または、感染確定例との濃厚接触)の有無を確認させていただきます。ご来院時に発熱(37.5度以上あるいは平熱プラス1度以上)や呼吸器症状(咳、息苦しさ、のどの痛み、鼻水等)に加えて、吐き気、頭痛、下痢、強い倦怠感、味覚や嗅覚に異常を感じる等の症状のある方については、医師の判断にて個別に対応させていただくようにしております。

 

また、院内でコロナウイルス感染対策に対するマニュアルを作成し、職員全体で共有しています。

 

 

3. 飛沫予防策と接触予防策
重粒子線治療に従事する医療スタッフは、ゴーグル等の眼・鼻・口を覆う個人防護具、マスク、手袋を装着し、患者様の治療や診療を行っております。

 

また、患者様やご家族様がロビーにてお待ちいただく際や、治療中の患者様が治療ホール内で待機される際にも、ソーシャルディスタンス厳守の注意喚起をさせていただき、ご来院の皆様にご協力をいただいております。

 

 

 

4. 定期的なセンター内換気と低濃度オゾン発生装置の設置
1時間毎にエントランスの換気を行い、センター内の空気を入れ替えています。
また、ウイルス除去効果があるとされる低濃度オゾン発生装置 Airness(エアネス)をエントランスや受付等に設置しています。

 

 

5. 職員の健康状態の管理体制の整備
当財団職員は、発熱・下痢・嘔吐などの体調不良がないかを日常的にチェックしており、体調不良時の休務を徹底しています。

 

6. 不要不急の外出や移動の自粛
感染拡大防止のために、当財団職員の不要不急の外出や移動の自粛を要請しています。

 

7. 見学の中止
センター内で開催予定の医療関係者向けの見学を中止いたしました。