大阪重粒子線センター Osaka Heavy Ion Therapy Center

患者様へのお願い

放射線治療症例全国登録事業(JROD)及び重粒子線治療多施設共同臨床研究(JCROS Trial)について

当センターは、放射線治療症例全国登録事業(JROD)及び重粒子線治療多施設共同臨床研究(JCROS Trial)に協力していきます。

放射線治療症例全国登録(Japanese Radiation Oncology Database)は日本放射線腫瘍学会(JASTRO)の事業としてJASTROおよび本院の承認を得て行われております。放射線治療を受けられた患者さんの診断、治療過程(外科手術、化学療法含む)とその結果を全国規模で詳細に調査するものです。

調査は、個人情報の保護に細心の注意を払いつつ、カルテとX線画像の内容を検証します。個人情報は院外に出ることはありません。

この研究により、臨床治療面での全国的ながん診療評価を行い、がん診療の改善点を明らかにして診療の質を向上させます。患者さんにより良い医療の提供を可能にします。さらに患者さんと同じ病態について、現時点の全国レベル、地域レベルでの治療成績も提供できます。

また、重粒子線治療多施設共同臨床研究(JCROS Trial)は、各重粒子線治療施設が半年毎に該当年のデータを決められた項目や部位に応じた症例すべてを収集し、放射線医学総合研究にあるデータベースに一括して集約する事業になります。

いずれも、調査の対象となることを希望されない方は下記までお申し出下さい。

  • 公益財団法人 大阪国際がん治療財団
    大阪重粒子線センター
  • 当センターにおける連絡先
    TEL:06-6947-3210
    登録責任者:溝江 純悦(センター長)

外国からの患者様へ

現在、ページ改編中です。